ファイナンス破たんは20歳復路と言われているが、どうなのだろうか。

経済破たんは、団塊のカテゴリーが一丸死んだ20時代以下あたりに、起こると言われている。
20時代後には小泉進次郎が総理になって、和風を乗り換えるんじゃないか?
20時代後は、みっちり老後です。旦那が68年で、俺が59年です。
20時代なんて、短期かもしれない。今のうちに、楽しんでおこう。
老後は備蓄と疾患年金でちまちま過ごす。
俺は元々、収入なんて使わないし。ウェアも古着で相応しいし。
働きながらでも効くし。今のペースでひと月60万ずつ貯めていけたら、老後も安泰だし。
20時代以下、経済破たんで、年金や一生助けがストップするかもしれない。
せめて一生助けは滅多に破綻して、年金仕組も崩壊する。
破格減少になって、供給が80年とかからになるのは請け合い。
今のヒトは80まで働かないといけない方法になってしまった。
少子化だから仕方ない。
人間には老後はあるのかな。20年間でどれだけ頑張れるかですな。
これまでの20時代を思うと、ちょい切なく上るが、職務ラッキーは確実にあったとおもう。

ファイナンス破たんは20歳復路と言われているが、どうなのだろうか。

知っておいた方が良いかも!?砂漠で遭難したら!!

正直に言いますと、砂漠で遭難するなんてことは、日本に住んでいる限り絶対ないでしょう。

しかし何かのきっかけで中東方面に行き、砂漠に入ることはあるかもしれません。

もし乗っていた飛行機が砂漠に不時着したら、乗っていた車が急に動かなくなったら、どうすればいいでしょうか?

最も正しいと言われている対処法は、『待ち』に徹することだそうです。

一番初めに思い浮かぶことであろう、『人のいそうな所へ移動する』は余計な体力を使うため、NGと言われています。

体力の消耗をできるだけ抑えるためにも、砂漠で遭難したら、大人しく助けを待つのが賢明のようです。

更に、飛行機が砂漠に不時着して遭難となった場合、発見される確率は80%にものぼるとされています。

その際、日中の強烈な日差し、夜間の冷え込み、脱水症状などの問題は、手持ちがあればそれで凌ぎ、脱水症状は動かないことである程度は時間を稼ぐことができます。

よほどのことがないと体験することのないサバイバルですが、体験する機会がないからこそ、予備知識として頭の片隅に入れておいた方が良さそうです。

知っておいた方が良いかも!?砂漠で遭難したら!!

お昼を食べ過ぎたので、夕飯が入りませんでした。

今日は、ランチでかなり大量に食べてしまったため、夕飯になってもお腹が空かなく、困ってしまいました。
とりあえず、子供達にはご飯を作らなくては!と思ったものの、何もイメージがうかばず、
子供達に何が食べたいか、リクエストしてもらう事にしました。
聞いて見ると、ソーメン!と声を合わせて言ってきてくれ、とても助かりました!
茹でるだけ!ナイス!と思いながらも、これだけではいけない!とおもい、つけ汁をアレンジして作る事にしました。
おしんこも備え付け、バッチリ出来上がりました!
子供達には、なんで食べないの?と聞かれまくりましたが、お昼に美味しいものをいっぱい食べたからなんて、言えるわけがありません!
ちょっとお腹が空かなくて。と言ったら、とても心配してくれて、逆に申し訳ないことをしてしまいました!
しかし、優しい子たちだなぁと、つくづく思ってしまいました。
明日はちゃんと一緒に夕飯を食べられるようにしなくちゃいけない!と、反省しました。

お昼を食べ過ぎたので、夕飯が入りませんでした。