少年舞妓・千代菊がゆく!花見小路におこしやすの続きを読みましたよ。

キャラクターの美希也が逃げ出した舞妓の代わりに、お座敷に掛かるための備えをやる所です。
髷を結うのとメーキャップまで終わりました。
次はかんざしをさします。
花かんざしはひと月入れ替わるそうです。
時機を髪デコレーションにも取りこむという心づかいがあるそうです。
月ごとにどのかんざしかは決まっているみたいです。
誌では祇園祭のときの問題なので、祇園祭の場合塗りつけるかんざしに罹るみたいです。
祇園祭のかんざしは団扇のデコレーションがついた涼しそうなかんざしだそうです。
銀色のデコレーション処理が豪華で夏季らしく涼しそうな色彩らしいです。
右前にはプラチナのビラをさします。
キャラクターの家庭の吉乃家庭の家紋、桔梗が透かし彫りになっているみたいです。
ビラの裏には祇園の舞妓だけが付ける緑の珠を輪に連ねたかんざしをさすそうです。
左前と中間に祇園祭の団扇のかんざしをさすそうです。
いつか実に見てみたいだ。
これでようやく外見と頭が出来上がりました。
美希也は鏡の消息筋の本人を見て、自然に舞妓君の言葉が出てきてました。
自然に切りかえれるなんて、凄いですね。
まもなく仕上がりますね。
続きがとても楽しみです。脱毛ラボ 単発

少年舞妓・千代菊がゆく!花見小路におこしやすの続きを読みましたよ。