ガスについてと物が融けるみたいすについて

ガスなどについて習得しました。100時期ほど前までは、風情の中に酸素や窒素以外のガスが混じっていることは知られていませんでした。しかし、サイエンティストたちは重さのちがいから、風情から取り出した窒素には窒素以外のガスが含まれているにちがいないと考え、やっと不活性なガスを発見し、アルゴン(不活性、なまけもの)という名称を塗り付けました。これらのガスは他の物との合併物を押しなべてつくりません。また、風情中に存在する数量が極めて少ないです。そのため、不活性気体とか希気体とかよばれています。次は、物が水に融けるみたいすについてだ。砂糖のクリスタル(氷砂糖)では、砂糖の粒が規則正しく並んでいます。水の粒が砂糖のクリスタルに衝突し、砂糖の粒はばらばらになって、水の粒にとりかこまれてしまう。砂糖の粒は非常につまらないので、蕩けると見えなくなってしまう。このようなことを覚えましたが、知らないことがよりありました。なので勉強して良かったです。脱毛ラボ 都度払い

ガスについてと物が融けるみたいすについて